蓮池の風景⑥(鎌倉・鶴岡八幡宮から海蔵寺へ)

f:id:mhkj2:20180809115524j:plain

 

南関東有数の蓮の名所、鎌倉の鶴岡八幡宮の源氏池。

特に見事なのが白蓮です。

それには謂れがあって、その昔、源氏と平家の合戦の時、旗印を色分けしたんだとか。

源氏=白

平家=赤

それにちなんで、というコトらしいです。

運動会の紅組、白組の発祥でもあるみたいですよ。。。コレ、この前も書いたかな?(笑)

 この源氏池じたいが戦勝祈願で造営されたみたいですしね。

鎌倉の八幡さまって源氏にとって、氏神さまのような存在だったみたいです。

 

f:id:mhkj2:20180809115544j:plain

f:id:mhkj2:20180809115604j:plain

f:id:mhkj2:20180806062149j:plain

 

ピンクの蓮もすこしだけ。

 

f:id:mhkj2:20180806055458j:plain

 

蓮の花は早朝に咲いて、午後にはふたたびつぼみます。

なので、蓮鑑賞は午前九時くらいまでがおすすめです。

まだ、早い時間なのでお客さんもまばら。

神社の神職さんたちが境内を見回っています。

 

f:id:mhkj2:20180727091049j:plain

 

こちらは少し年配の神職さん。

袴の色が違いますね?きっとさっきの方より偉いヒトなんでしょうね。。

(紫色って高貴な色らしいですね、神道の世界では)

 

f:id:mhkj2:20180727091328j:plain

 

お客さんもじょじょに。

 

f:id:mhkj2:20180727091416j:plain

f:id:mhkj2:20180727091347j:plain

 

いろんなヒトが来ます。

 

f:id:mhkj2:20180727090018j:plain

f:id:mhkj2:20180727090212j:plain

f:id:mhkj2:20180727090545j:plain

 

そして。。。。。

 

お待ちしてましたよ~!着物の方。

最近、

駅前とかで着物のレンタル(着付け込み)を比較的リーズナブルでやってるお店が増えました。

なので、顔出しNGで撮らしてもらったりしてます(ありがとうございます!)

。。。。それにしても、風が強くて、花がぶれるぶれる(笑)

 

f:id:mhkj2:20180727092858j:plain

f:id:mhkj2:20180727091632j:plain

f:id:mhkj2:20180727091558j:plain

f:id:mhkj2:20180727091530j:plain

 

日が高くなってきて、お客さんもたくさん。

 

f:id:mhkj2:20180727091544j:plain

 

こちらは外国のお客さんに着物の方がご案内されてるみたいでした。

 

f:id:mhkj2:20180727094251j:plain

 

他の場所も撮りましょうか。

背景は八幡さまの境内に合祀されている旗上げ弁天さまのお社です。

 

f:id:mhkj2:20180806060154j:plain

 

背景の白い短冊みたいの。

弁天さまで御祈願すると、願い事を書いた旗をあげてくださるそうです。

 

f:id:mhkj2:20180806060912j:plain

 

鳥居と。

 

f:id:mhkj2:20170722074829j:plain

f:id:mhkj2:20180806053951j:plain

f:id:mhkj2:20180809120726j:plain

 

さて、今日は後二ヶ所行きたいのでそろそろ白蓮にお別れをして。。。

 

f:id:mhkj2:20180809120750j:plain

 

境内にお住まいの、りすさんにも。。。。

 

f:id:mhkj2:20180809144440j:plain

 

一応、ごあいさつをして(ちょっと、ごはんをあげました~笑)

 

f:id:mhkj2:20180809144522j:plain

 

 

それにしても、お客さん、ふえてきましたね。。。

 

f:id:mhkj2:20180809131745j:plain

 

江ノ電に乗ります。

。。。。。あ~。。江ノ電の駅とか電車とか撮っとくとよかったのかな?

ブログ的には。

でも、電車にはあんまり興味がなくってぇ。。

 

鎌倉から江の島を通り越して、柳小路という駅で降りて。

はい!桜小路公園へ。

蓮池/桜小路公園 クチコミガイド【フォートラベル】|藤沢・江ノ島

住宅街のなかにある小さな公園なんですけれど、お目当ての蓮の花が咲いてるらしく。。。

 

あっ!コレ、だと思います!!

白地にほんのりピンクの紅がさす舞姫蓮(まいひれん)

f:id:mhkj2:20180806081141j:plain

 

白蓮も。

 

f:id:mhkj2:20180806080155j:plain

f:id:mhkj2:20180806080254j:plain

 

今年は蓮の花、咲き始めが早かったせいか、ピークは過ぎているカンジでした。

でも!毎年観たいと思ってて果たせなかった舞姫蓮。

観れて満足です。

 

ちなみに海水浴場で有名な「鵠沼」っていう地名の由来はこの沼みたいですよ。

(今は、ホントにホントに小さい池です)

鎌倉周辺って、むかし、水事情が悪かったそうで、

当時、都を造るにあたって一番腐心したのが水源確保だったとか。

そのせいか?よくよく昔の地名を観てみると、水にちなむモノがけっこうあって、

でも、行ってみると影も形もなく(「深沢」とか)

きっと、全部飲んじゃったんでしょうねぇ、、スゴイな人間!(笑)

 

さて、江ノ電で鎌倉に戻ります(電車や駅舎、撮っとけば ry)

 

 

海蔵寺に到着!!(途中の道々、撮っとけばry笑)

特に、蓮で有名なお寺ではありません、むしろ海棠とか萩とか紅葉とか。

この日もわずかですけれど、萩が咲き始めていました。

季節になると、この山門を覆い尽くすように萩が咲きます。

そのころ、また来たいです。。。

f:id:mhkj2:20180809121006j:plain

 

このお寺でなぜか?蓮の花が観たく。

この時点10時を過ぎてます。

蓮の花って10時を過ぎるとつぼみ始めちゃうんですよねぇ。。。

 

あっ、ダメ?(泣)

f:id:mhkj2:20180809121106j:plain

 

やった!

一輪だけ、咲いてました!(嬉)

 

f:id:mhkj2:20180806102528j:plain

f:id:mhkj2:20180806104003j:plain

f:id:mhkj2:20180806102003j:plain

 

じつは、びろーん、と咲き切ってるのではなく、つぼみ始めてまるっこくなってる、

仏画にあるようなカンジの花をお寺を背景に観てみたかったんです。

ちょうどいいカンジです!

 

f:id:mhkj2:20180806102012j:plain

 

ノウゼンカズラの残り花も。

 

f:id:mhkj2:20180806102856j:plain

 

あんまり有名ではありませんけれど、芙蓉も見事です。

というか、一年中、花の絶えない、鎌倉有数の花のお寺です。

 

f:id:mhkj2:20180809121412j:plain

f:id:mhkj2:20180809121345j:plain

 

後庭には心字池が。

俯瞰でみると「心」の形をしてて、

心がきれいな方にはふつうにみても観えるそうでよ「心」って。

えっ、お前はどうなのよ、って?。。。。。。(笑)

 

手前の黄色いのが睡蓮。

で、奥の青というか紫の花は。。。。カキツバタ

 

f:id:mhkj2:20180806100549j:plain

 

ほんのすこしだけなんですケドね、咲いてます。

カキツバタって本来の花期は五月くらい?

秋咲きの品種があるのも知っていますけれど、

この時期、真夏に咲いてるの、たぶんココだけかと。

なんでなんでしょうね、鎌倉七不思議のひとつです。

もちろん!ワタクシ調べですケド(えっ!あと六つ!?。。。笑)

 

f:id:mhkj2:20180806100524j:plain

f:id:mhkj2:20180806100459j:plain

 

黄色い睡蓮もきれいです。

 

f:id:mhkj2:20180809121652j:plain

 

さて、もう一度、蓮の花を撮って。

 

f:id:mhkj2:20180806101834j:plain

f:id:mhkj2:20180806103013j:plain

f:id:mhkj2:20180809121827j:plain

 

萩の季節に、

また。

 

(つかれたぁ~。。。。。)