紫陽花⑤(鎌倉・瑞泉寺から覚園寺へ)

f:id:mhkj2:20180612152450j:plain

 

数ある鎌倉の花のお寺のなかでも、三本の指に入る、それが瑞泉寺

。。。。アレ?このフレーズ、前も使ったような?(笑)

明月院長谷寺ほどではありませんけれど、紫陽花の名所です。

ただ、今回は、時期的なものか?お寺の境内より、向かう途中のほうが見事でした。

でも、良いんです、紫陽花以外にもう二つ目的があるので。

。。。。アレ?このフレーズ(ry

 

道々の紫陽花を撮ってゆきますね。

f:id:mhkj2:20180612152636j:plain

f:id:mhkj2:20180612152902j:plain

f:id:mhkj2:20180612153004j:plain

f:id:mhkj2:20180612152957j:plain

f:id:mhkj2:20180612153011j:plain

f:id:mhkj2:20180612153050j:plain

f:id:mhkj2:20180612153801j:plain

 

ココからが境内です。

 

f:id:mhkj2:20180612154534j:plain

f:id:mhkj2:20180612153951j:plain

 

そして、これが今回の目的のひとつ。

瑞泉寺の石段です。

いつもくると必ず撮っちゃいますね。

 

f:id:mhkj2:20180613180823j:plain

f:id:mhkj2:20180613180850j:plain

f:id:mhkj2:20180613180919j:plain

f:id:mhkj2:20180613214047j:plain

 

寺社の門って異界への入り口のよう。。。

 

f:id:mhkj2:20180613181044j:plain

f:id:mhkj2:20180613181110j:plain

 

それでは、手水をして本堂へ。

 

f:id:mhkj2:20180613181208j:plain

 

まずは、参拝をしてから。

 

f:id:mhkj2:20180613181626j:plain

f:id:mhkj2:20180613214242j:plain

f:id:mhkj2:20180612154314j:plain

f:id:mhkj2:20180613181316j:plain

f:id:mhkj2:20180613181347j:plain

f:id:mhkj2:20180613181415j:plain

f:id:mhkj2:20180613181441j:plain

f:id:mhkj2:20180613181509j:plain

f:id:mhkj2:20180613181536j:plain

 

そして、二つ目の目的、瑞泉寺の石庭です。

いつも観るだけで撮るの忘れちゃうんですよね。。。

 

f:id:mhkj2:20180613182004j:plain

f:id:mhkj2:20180613181904j:plain

f:id:mhkj2:20180613181934j:plain

う~ん、なんか撮ったダケ、ってカンジの工夫のない写真ですね。。

でも、忘れず撮れたので満足!

 

すこし時間がありますね。

それではもう一か所、比較的近所のお寺、覚園寺にも行ってみましょうか。

 

ありがとうございました~。

f:id:mhkj2:20180613182139j:plain

f:id:mhkj2:20180613182223j:plain

f:id:mhkj2:20180613182253j:plain

f:id:mhkj2:20180613182334j:plain

f:id:mhkj2:20180613182403j:plain

f:id:mhkj2:20180613182432j:plain

f:id:mhkj2:20180613182501j:plain

f:id:mhkj2:20180613182526j:plain

f:id:mhkj2:20180613182553j:plain

f:id:mhkj2:20180613182618j:plain

f:id:mhkj2:20180613182644j:plain

 

 

さて、着きました!

ココが覚園寺です。

 

f:id:mhkj2:20180613182719j:plain

 

私が知る限り、鎌倉で一番の紫陽花寺は、実はココです。

質、量、広さ、品種の多さ、どれをとっても圧倒的です!

ただ。。。撮影禁止なのと、自由に散策できないんですよね。

係りの方(お坊さんだったり、ボランティアさんだったり)の説明を受けながら廻ります。

紫陽花も見事ですけれど、本堂脇の柏槇(ビャクシン)の巨木や苔むした岩肌等々。。

野趣あふれるお庭の雰囲気は圧巻ですよ!

これぞ、観光地化されない本来の鎌倉!って!!(と、係の方が仰ってました笑)

係りの方が付きそうのがお嫌でなければ、とてもゆったりとした時間を味わえます。

(一時間くらいかかります)

 

f:id:mhkj2:20180613182833j:plain

 

今日はもう遅いので、紫陽花のお庭の受付は終わっていました。

なので、一部、撮影ができるトコロがあるので撮ってゆきます。

この苔の庭だけでも充分見応えがあります。

 

f:id:mhkj2:20180613182903j:plain

f:id:mhkj2:20180613182932j:plain

f:id:mhkj2:20180613183003j:plain

f:id:mhkj2:20180613220306j:plain

f:id:mhkj2:20180612172248j:plain

 

八月十日に「黒地蔵盆」といって夜通しのお祭りがあって、私、まだ行ったコトがないんです。

今年こそは!

 

帰り道、萩がすこしだけ、咲いてました。

f:id:mhkj2:20180612170556j:plain

 

もう日も落ちて、

鶴岡八幡宮に行くと「観蛍」の看板が。

 

f:id:mhkj2:20180612185255j:plain

この時期だけ、八幡さまの池のほとりで蛍を観るコトができます。

https://kamaiko.net/ivent6hotaru.html

期間限定なので、お近くにお寄りの際は是非!

んじゃ!私も蛍も観てから帰ります~。

 

でも~。。。。撮影不可なんですよねぇ~(泣)