かきつばた②(東京・根津美術館庭園)

f:id:mhkj2:20180502203000j:plain

f:id:mhkj2:20180502234423j:plain

 

東京の南青山にある、根津美術館で「光琳と乾山」展をやってるので観てきました。

尾形光琳尾形乾山って兄弟なんですね!

お兄さんは江戸を代表する絵師だし、(「琳派」の「琳」は光琳の琳みたいですね)

弟さんは日本の陶芸に革命をもたらしたのだとか。

いいないいな~、その才能100分の一でいいから、私におくれよぅ!!(笑)

 

じつは、初夏の始まりのこの季節、

光琳さんメインの展示会を開催をするの、ここ数年の恒例行事になってます。

なぜかというと、光琳さんの代表作のひとつ「燕子花図屏風」を所蔵してるからで、

お庭には、たぶん、それにちなんでなんでしょうね、たくさん、かきつばたが植えられてて

ちょうどリアルかきつばたが咲く頃、「燕子花図屏風」の公開に合わせて企画も組んでる様です。

あっ!「燕子花」でかきつばた、って読むのだそうです(読めません~笑)

あんまり美術に詳しくないので、リンク貼っておきますのでソチラをみていただいて、

http://www.nezu-muse.or.jp/

かきつばたを中心に、お庭の写真を撮ってきたので、たくさんアップします。

 

f:id:mhkj2:20180502201411j:plain

f:id:mhkj2:20180502202015j:plain

 

カメさんもかきつばら鑑賞してます(笑)

 

f:id:mhkj2:20180502202310j:plain

f:id:mhkj2:20180502202826j:plain

f:id:mhkj2:20180502203605j:plain

f:id:mhkj2:20180502204402j:plain

 

広いお庭には至るトコロに石仏や石灯籠が。

 

f:id:mhkj2:20180502204453j:plain

f:id:mhkj2:20180502204534j:plain

f:id:mhkj2:20180502204605j:plain

 

新緑もきれいでした。

 

f:id:mhkj2:20180502204637j:plain

f:id:mhkj2:20180502204749j:plain

 

根津美術館日本画や茶道具のコレクションで有名です。

お庭にはお茶室があって、定期的にお茶会が開催されています。

 

f:id:mhkj2:20180502204703j:plain

f:id:mhkj2:20180502204829j:plain

f:id:mhkj2:20180502204903j:plain

f:id:mhkj2:20180502204935j:plain

f:id:mhkj2:20180502205132j:plain

f:id:mhkj2:20180502205005j:plain

f:id:mhkj2:20180502205033j:plain

f:id:mhkj2:20180502205103j:plain

f:id:mhkj2:20180502205234j:plain

f:id:mhkj2:20180502205302j:plain

f:id:mhkj2:20180502205331j:plain

f:id:mhkj2:20180502205401j:plain

f:id:mhkj2:20180502205431j:plain

 

GW期間なので、やっぱりお客さん、多いですね。

みなさん、思い思いにお庭を楽しんでいました。

 

f:id:mhkj2:20180502205500j:plain

f:id:mhkj2:20180502205540j:plain

f:id:mhkj2:20180502205611j:plain

f:id:mhkj2:20180502205644j:plain

f:id:mhkj2:20180502205717j:plain

 

おっと!そうこうしているうちに、そろそろ閉館時間!

お客さんもまばらになってきました。

 

f:id:mhkj2:20180502205752j:plain

 

もう一度、かきつばたにあいさつをして。。。。

 

f:id:mhkj2:20180502205824j:plain

 

ちなみにこのかえで、赤いですよね!

かえでのなかには、

新芽が赤くって、夏には緑に、そしてまた秋に赤く紅葉する品種があるんだとか。

たぶん「出猩々」っていう品種だと思うんですけれど。。。(調べてません!笑)

 

f:id:mhkj2:20180502205855j:plain

f:id:mhkj2:20180502234708j:plain

f:id:mhkj2:20180502205926j:plain

 

露地の石畳も芸術的です。

でも。。。。ちょっと歩きにくいのは言わない約束!(笑)

 

f:id:mhkj2:20180502210000j:plain

f:id:mhkj2:20180502210033j:plain

f:id:mhkj2:20180502210107j:plain

f:id:mhkj2:20180502210138j:plain

f:id:mhkj2:20180502210213j:plain

 

 

f:id:mhkj2:20180502210247j:plain

 

美術館に戻ってきました。

あっ!また撮り忘れましたけれど、美術館の建物の設計は隈研吾さん。

新国立競技場の設計者でもあります。

武家のイメージなのかな?モダンななかにも、なにか重厚なカンジの建物です。

 

f:id:mhkj2:20180502210319j:plain

f:id:mhkj2:20180502210351j:plain

 

初夏も良いんですケド、お庭が一番うつくしいのは、じつは秋ですよね。

また来たいな~、来れるかなぁ~。。。。

 

あとですね!今年はどの花も花期が早くって、かきつばたも例外ではありません。

たぶん、リアルかきつばた鑑賞はこのGW期間中がラストチャンスになると思います。

毎日暖かい、というよりもはや暑い!

なので、事前に美術館に問い合わせをされてから、お出かけの方が良いかもです。

 

とにもかくにも!御心積もりの方、お急ぎくださいね~~!!