根津美術館に行ってきました①(水辺の景)

f:id:mhkj2:20171129213434j:plain

f:id:mhkj2:20171129213502j:plain

f:id:mhkj2:20171130010254j:plain

f:id:mhkj2:20171129213625j:plain

f:id:mhkj2:20171129213656j:plain

f:id:mhkj2:20171129213729j:plain

f:id:mhkj2:20171129213753j:plain

f:id:mhkj2:20171129213817j:plain

f:id:mhkj2:20171129213845j:plain

f:id:mhkj2:20171129213908j:plain

f:id:mhkj2:20171129213935j:plain

f:id:mhkj2:20171129214000j:plain

f:id:mhkj2:20171129214028j:plain

 

ようやく行ってきました、根津美術館

東京の南青山にある、古美術や茶道具、日本画なんかが得意な美術館なんですケド、

少し前に行ったときは写真に夢中で展示も観ずに終わってしまいました。

http://mhkj2.hatenablog.com/

今回は展示も観るコトが出来ました!!

刀の装飾品の企画展なんですけど、噂通り外国の方にすごくウケてました。

オー!ジャパニーズなんちゃらっ!!って(何言ってるのか分かりませんでした 笑)

装飾品だけかと思ったら、刀そのものもケッコウ出品されていました。

今時の。。。なんていうんでしたっけ?刀女子??の方とかいいんじゃないでしょうか?

刀だけの展示って正直、飽きてしまうんですけど、

きらびやかな装飾品と一緒なんで、あんまり詳しくない私でも楽しめました。

いろいろ語れればいいんですケド、詳しくないんで美術館のリンク、貼っておきます。

http://www.nezu-muse.or.jp/

でも、まぁ、コレだけだとなんなんで、すこーしだけ感想を書いておきます。

龍とか定番のモチーフより、むしろ粟の穂だとかお鍋だとか、

生活に密着したモノが多いのが面白かったです、というか、食べ物ですね。

食べるコトの意味を少し考えさせられました。

粟の穂とかね、金細工なんですよ!

で、きっと、金で造る価値が身に染みてあったんだなって。

あと、刀は、私は太刀より脇差の方が好きです(小さい刀ね、それ以上は知らない笑)

切っ先がまるっとカワイイんですケド、でも鋭い光を放っていて、思わずぶるっとしました。

 

。。。。。なんか、小学生の感想文みたいですね(笑)

 

刀もその装飾品もこんな機会がないとみる機会もあんりないですし、

最寄駅が地下鉄の表参道ですから渋谷とかに足を伸ばすのも容易です。

そしてやっぱりお庭ですね!

観てたらとなりのお兄さんが「こんな場所があったなんて。。。」って絶句してました(笑)

いま『「南青山で紅葉狩り」キャンペーン』と銘打って、お庭も特別公開中です(12/3まで)

 

ただね、紅葉観るならすこし急いだ方が?

行かれるようでしたら事前に美術館に確認にてからのほうがいいかもです。

 

あと、写真たくさん撮りすぎたので何回かに分けます。

どのくらいかって?約3000枚!(笑)

で、そのうち、やく500枚を誤って消してしまうという。。。

どーして、そんなコトするのか?我ながら不思議ですね(泣)