霧の朝(カルガモ?一家・その後)

f:id:mhkj2:20170727090900j:plain

f:id:mhkj2:20170727071127j:plain

f:id:mhkj2:20170727071555j:plain

f:id:mhkj2:20170727092247j:plain

f:id:mhkj2:20170727094129j:plain

f:id:mhkj2:20170727094225j:plain

f:id:mhkj2:20170727094315j:plain

f:id:mhkj2:20170727071924j:plain

f:id:mhkj2:20170727072633j:plain

f:id:mhkj2:20170727094457j:plain

f:id:mhkj2:20170727080054j:plain

f:id:mhkj2:20170727094748j:plain

f:id:mhkj2:20170727065950j:plain

f:id:mhkj2:20170727062708j:plain

 

 

帰り道、独り立ちしたばかりの若いカルガモ?に会いました。

f:id:mhkj2:20170727081355j:plain

たぶん、以前見かけたカルガモ一家が成人したんだと思います。

えーと、、、ひーふーみー。。。アレ?14羽いる!?

たしか、お母さんを入れて10羽だったような!!??

なんか増えてますね~(笑)

まぁ、他の家族と合流したんでしょうね。

それにしても、結構な生存確率だと思います。

2家族だとして、全員大人になれたワケではないにしても、ね。

すくなくとも、過酷な環境にいるわけではないようです。

 

その証拠に。。。

↓ほら!スゴイのんびりしてるでしょ!(笑)

f:id:mhkj2:20170727081852j:plain

 

 

その中で、ひときわ大きくまるまるとした1羽が。

たぶん、お母さんじゃないですかね?

子育てを終えて、なんかとても充実した、誇らしげなお顔に見えました。

f:id:mhkj2:20170727082057j:plain