萌葱に染まる  鎌倉 海蔵寺

f:id:mhkj2:20160312101630j:plain

f:id:mhkj2:20160312101003j:plain

f:id:mhkj2:20160312100715j:plain

f:id:mhkj2:20160312104422j:plain

f:id:mhkj2:20160312105253j:plain

f:id:mhkj2:20160312094647j:plain

f:id:mhkj2:20160312101257j:plain

f:id:mhkj2:20160312104031j:plain

f:id:mhkj2:20160312111027j:plain

とてもコジンマリしたお寺ですが、

四季折々の花が咲き乱れとても見応えのある、鎌倉有数の花のお寺です。(特に、海棠と萩が有名です)

 

。。。。。のハズ、だったんですケド、あいにくこの日はみなさんお出かけのようです(笑)

梅の開花が遅くってぼーっとしていたら、「あっ!」という間に散り始めてしまって。。

それに今年はなんか花数も少なかったような?(ぶつぶつ。。)

海棠もやっと葉が出てきたカンジですね~。

 

でも、こうして眺めてみて鎌倉のお寺のベースカラーがこのグリーンなんだな、ってコトが分かりました。

この「地」があってこそ花が生きるんだな、って。

(じつは、個人的にはこんなカンジのほうが好きだったりします)

 

今度、海棠のころまた行ってみましょう。

 

あっ!あと、コジンマリしてるのは見かけだけでじつはバックに広がる山にも、海蔵寺さんの敷地が広がってるんだとか。

念のため。